ギターの教科書

初心者からでも。独学でギターを勉強している方へ向けた教科書です。

ギターが難しい!でもなんか楽器がやりたい!という方はウクレレはいかが?

f:id:gt335:20180607020959j:plain

ギターってコード押さえるのもメロディ弾くのも弦が硬くてどうにも指が痛くなりやすいですね。

もちろん頑張ったその先にはいろんな楽しいことがあるのですが。

 

ストイックに「ギター頑張る!上手くなってやる!」という人もいれば、

「趣味程度で何か楽器弾けるようになりたいなー」

という人ではギターに対する練習意欲も違うものだと思います。

 

そこでウクレレはどうですか?という記事なのですが

ウクレレってどんなイメージがありますか?

 

ハワイアン的なイメージが強いかとも思いますが、構造としてはギターと似ていて

ポップス、ジャズ、ファンクいろいろなジャンルの音楽が楽しめます。

 

まずはギターとウクレレの違いを比較してみましょう。

 

ギターとウクレレの違い

ギター

弦が6本

弦が鉄製(詳しくは鉄、ニッケル、青銅など)

サイズが大きめ

 

ウクレレ

弦が4本

弦がナイロン製

サイズが小さめ

 

 

これだけ?と思うかもしれませんが、基本的にはこれだけです。

弦が4本か6本かというところが大きな違いなのですが、それでもウクレレでもジャズとかも弾けちゃいます。

 

ちなみにギター弦は鉄なので錆びますが、ウクレレ弦はナイロン製なので錆びないのも大きな違いです。

急に切れたりすることも少なく、メンテナンスが楽な点でも気軽に手を出しやすい楽器かと思います。

 

ウクレレで演奏できる代表曲

僕がよくレッスンでもやるのはこんな曲

 

Fly me to the moon


Frank Sinatra - "Fly Me To The Moon" with Lyrics

 

ジャズのスタンダード曲で、エヴァンゲリオンのエンディングなんかでも使われていました。

 

ハワイアンの代表曲では

 

アロハオエ


【和訳付き】アロハ・オエ(ハワイ民謡)"Aloha Oe" - カタカナ付き

 

この曲はコードが4つしか出てこないので初めてウクレレを手にする方はとても練習しやすい曲かと思います。

 

ポップスの曲ではジブリから

 


海の見える街

 

この曲はソロウクレレと言って、僕のレッスンではコードとメロディと同時に弾いていくことが多いです。

 

他にもサザンオールスターズさんの真夏の果実

つじあやのさんの風になる

などもウクレレで弾きやすい曲です。

 

ギターの入門曲としてもよく練習されるスピッツさんのチェリーもいいですね。

 

ざっといろんなジャンルの曲を挙げてみましたが、

経験上夏っぽい曲がウクレレに合うような気がします。

もともとがハワイで親しまれている楽器なので音色が夏っぽい感じなのかなと思います。

 

ウクレレの値段

さてここで少しやってみようかな?という思いになった方はお値段も気になるところだと思います。

ウクレレも他の楽器と同じようにピンからキリまでありますが、

一つ安くてそこそこ使えるウクレレを紹介します。

 エルビスというメーカーのウクレレです。1万円で収まるお手頃価格ですね。

これだけ安いのに普通に練習できます。

ぶっちゃけ下手な2万円くらいのウクレレよりも全然いいです。

僕もレッスン用で一つ使っています。

 

僕が買ったときは本体とケースだけでしたが、

今はチューナーやコード表なども付いてくるようですね。

 

たまに2000円くらいで売っているウクレレもありますが、

そこまで安いと作りが簡易的だったり、そもそも観賞用で作られている場合もあるので

演奏用としては1万円くらいのものがいいと思います。

 

これよりももう少ししっかり使っていきたいという方は

 

 

フェイマスというメーカーのウクレレです。

このウクレレは楽器屋さんにもよく置いてあるので実際にお店に行っていろいろ見てみるのもいいと思います。

 

実際のサイズ感

実際に僕がレッスン用で使っているウクレレです。

f:id:gt335:20180607020031j:plain

f:id:gt335:20180607020033j:plain

f:id:gt335:20180607020035j:plain

なかなかかわいらしい見た目です。

 

ちなみにエルビスはアマゾンで買いましたが、すぐ届いたので

とりあえず思い立ったから触ってみたい!という方は特にこのエルビスがおすすめです。

 

是非一緒にウクレレを楽しみましょう!