ギターの教科書

初心者からでも。独学でギターを勉強している方へ向けた教科書です。

【写真説明】簡単!ギターのチューニングの方法

エレキギターでもアコースティックギターでも

まず最初にチューニングという壁が立ちはだかります。

 

これが出来ていないと教則本通りにコードを押さえても正しい音が出ず、

へんてこな音になってしまいます。

 

1弦から6弦までの音

 

まずギターは6本弦が張ってありますのでその数だけチューニングが必要になります。

 

1弦 → E(ミ)

2弦 → B(シ)

3弦 → G(ソ)

4弦 → D(レ)

5弦 → A(ラ)

6弦 → E(ミ)

 

ここで特徴が一つ。1弦と6弦の音が同じですね。

音は同じなのですが、同じ音でも1弦は高い音のEで6弦は低い音のEです。

チューニング時にはこれを同じ音にしないようにしてください。

 

チューナーを使ってみる

 

f:id:gt335:20160531112152j:plain

これがギターのヘッドといわれる部分です。

先についてるのがクリップチューナーですね。

まだ持っていない人は1000円位からの値段で売ってますので買っておきましょう。

ちなみにこの写真のチューナーは1000円くらいでした。

 

これです

 

写真にある矢印ですが赤のほうに回すと音が高くなり、青に回すと低くなります。

急激に回すと音を通り越して分からなくなってしまうのでゆっくり回していきましょう。

右側は1,2,3弦、左側が4,5,6弦

ストラトテレキャスタイプは左側の回し方を参考にして下さい。

f:id:gt335:20160531112156j:plain

1弦はEの音にしたいので弦を弾いていってアルファベットのEが来たら真ん中に光が合うように調整します。

このとき他の弦も鳴ってしまっていると正しい音が取れませんので注意して下さい。

 

f:id:gt335:20160531112203j:plain

これは音が少し高いですよーということですので青矢印に向かって低く調整しましょう。

f:id:gt335:20160531112210j:plain

逆に音が低いときは赤に回して調整してみましょう。

 

どうでしょうか?1弦はチューニングできましたか?

1弦と同じ作業を順番に6弦までやっていけばチューニング完了です!

 

 弦を張り替えたばかりのときはすぐにチューニングが狂ってしまうので

一度6弦までチューニングが終わってもまた1弦から再確認してみましょう。

 

よくある質問

Q1、 チューナーの画面端に440とか書いてあるけどこれは動かさなくていいの?

A、 調整できるものもありますが、ギターをチューニングするときは440で大丈夫です。

 

Q2、 安すぎるのは心配だから1万円くらい出したほうがいい?

A、勿論高ければチューニングの精度もよくなりますのでお金に余裕があればちょっと高価なクリップチューナーを買ってもいいと思います。

足元においてコードを繋げるものもありますが、ライブやレコーディングで重宝するものですので、ギター初心者であればこれは無視してクリップがおすすめです。

 

Q3、チューナーの光が真ん中には来るけど、ぴったり真ん中で止まってくれない!

A、物によって精度もまちまちですが、基本的には真ん中の光が強く光っていれば大丈夫です。あとギターという楽器はそもそもチューニングが狂いやすい楽器です。

そういう楽器だと認識しておきましょう。

 

Q4、どのくらいの頻度でチューニングしたらいいの?

先ほども言ったようにギターはチューニングが狂いやすいです。

弾く前には必ずチューニングをしましょう。

スポーツする前の準備体操みたいなものですね。

 

gtkyoukasyo.hatenablog.com

広告を非表示にする